会社沿革

昭和23年6月 金沢市森山町にて宮丸鉄工所を創業
  主に繊維機械、農機具部門の下請け加工を始める 
昭和29年10月

機械加工の他にプラスチック金型を一部製作する 

昭和33年6月

工場拡張のため、工場を鳴和町に移転する 
昭和36年8月 宮丸鉄工株式会社を設立する(資本金 100万円) 
昭和39年4月 

 石川県機械工業専門工場(金型部門)に指定され、精密金型専業に切替

 金型製作用機械設備を増強、金型設計技術の指導を受ける

昭和46年1月 

工場設備拡張のため、小坂町に新築移転する

資本金を800万円に増資する

宮丸精密金型株式会社に社名変更 

昭和54年10月  機械設備増設のため資本金1800万円に増資
昭和55年6月   石川県技能振興展鉄工協会会長賞を受賞
昭和56年4月 石川県技術振興展金沢市長賞を受賞
昭和60年6月 金沢市経営近代化モデル工場に指定される
昭和61年4月 工場設備拡張のため、東蚊爪町に新築移転
平成3年6月 工場設備拡張のため、1棟増設
金型
金型